大谷幼稚園

就園奨励補助金について

私立幼稚園就園家庭の負担軽減制度について

≪平成29年9月1日現在≫

国や自治体は、多額の税金を投入している公立幼稚園との格差を解消するために、私立幼稚園に子どもを通わせる保護者の負担を軽減する制度を設けています。

1.幼稚園就園助成費補助金 補助限度額(宇治市在住園児)

(平成29年度国基準、年額、3・4・5歳児対象)
市町村ごとの基準で実施され、文部科学省からの経費の一部が助成されています。


Ⅰ.園児に小学校以上の兄・姉がいない世帯
第1子=世帯内で最年長の園児  第2子=世帯内で次年長の園児

<
  補助対象区分名 第1子 第2子 第3子
1 生活保護を受けている世帯 308,000円 308,000円 308,000円
2 平成29年度の市町村民税の所得割額が非課税となる世帯 272,000円 308,000円 308,000円
3 平成29年度の市町村民税の所得割額が77,100円以下の世帯 139,200円 223,000円 308,000円
4 平成29年度の市町村民税の所得割額が211,200円以下の世帯 62,200円 185,000円 308,000円
5 上記区分以外の世帯の5歳児・4歳児 28,700円 154,000円 308,000円
上記区分以外の世帯の3歳児 <対象外> 154,000円 308,000円

Ⅱ.園児に小学生以上の兄・姉がいる世帯
第1子=世帯内の子のうち最年長児  第2子=世帯内の子のうち次年長児

  補助対象区分名 第1子 第2子 第3子
1 生活保護を受けている世帯 小学生以上の兄・
姉が1人の場合
(兄・姉) 308,000円 308,000円
小学生以上の兄・
姉が2人の場合
(兄・姉) (兄・姉) 308,000円
2 平成29年度の市町村民税の
所得割額が非課税となる世帯
小学生以上の兄・
姉が1人の場合
(兄・姉) 308,000円 308,000円
小学生以上の兄・
姉が2人の場合
(兄・姉) (兄・姉) 308,000円
3 平成29年度の市町村民税の
所得割額が77,100円以下の世帯
小学生以上の兄・
姉が1人の場合
(兄・姉) 223,000円 308,000円
小学生以上の兄・
姉が2人の場合
(兄・姉) (兄・姉) 308,000円
4 平成29年度の市町村民税の
所得割額が211,200円以下の世帯
小学生1~3年生が
1人の場合
(小1~3年生) 185,000円 308,000円
小学生1~3年生が
2人の場合
(小1~3年生) (小1~3年生) 308,000円
小学生~満18歳未満が
2人以上の場合
(18歳未満) (18歳未満) 308,000円
5 上記区分以外の世帯 小学生1~3年生が
1人の場合
(小1~3年生) 154,000円 308,000円
小学生1~3年生が
2人以上の場合
(小1~3年生) (小1~3年生) 308,000円
  • ※ 注1:区分4.5については、第何子かの計算方法が他と異なります。該当しない場合は上段の「Ⅰ.園児に小学生以上の兄・姉がいない場合」を見てください。

    ※ 注2:複数の条件に当てはまる場合は、最も補助限度額が高いものを上限として交付されます。

2.保育料軽減補助金

京都府から、18,000円の補助金が交付されます。但し、就園助成費補助金額により、補助金上限額に満たない場合もあります。

3.同時在園児保育料減免事業

同一世帯から2人以上が同時に在園する場合には、第2子以降の幼児について保育料が減免されます。

上記の補助金制度は、宇治市在住のひとり親世帯等に該当しない園児が対象です。京都市在住の園児につきましても同様の補助金制度(若干、基準が異なります)があります。詳しくは、幼稚園にお尋ねください。

これらの補助金は、保護者の申請により幼稚園で一括して事務処理を行います。自治体により交付される時期は年度により多少変わりますが、おおむね年末に交付されています。

〒611-0002 京都府宇治市木幡御蔵山39-727
電話・FAX/0774-31-8867

Copyright © 大谷幼稚園 All Rights Reserved.